研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

感想

エンドレスエイトを見るギャルゲープレイヤー

ニコニコと角川が合併した記念に角川作品一挙ニコ生放送というのをやっていて、その中にハルヒの一挙放送もあったのでタイムシフトを見ました。僕は一期はDVDですべて見たのですが二期はエンドレスエイト3週目終了後にリアルタイムの視聴を打ち切り、以降見…

マイウェイと世界の教養

『マイウェイ 12000キロの真実』という韓国映画を見ました。 マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2012/06/06 メディア: Blu-ray 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含む…

ガッズィーラの感想

『GODZZILA』観てきました。 結論から言うと、ぶっちゃけおもしろくなかったのでは。巨大モンスター映画というのはヘヴィ級(パシフィック・リムなど)とライト級(ジュラシックパークなど)(こないだ観たトランスフォーマーロストエイジも結構身軽に動いて…

EDGE OF TOMORROW

オール・ユー・ニード・イズ・キル、見てきました。初めてのレイトショーで。原作は集英社スーパーダッシュ文庫のALL YOU NEED IS KILL。僕は高2のときに読んだのですが、日本のラノベレーベルがハリウッド映画化されるというのは本当にたいへんすごいことだ…

承認欲求の受け皿

ネットと愛国っていう本を読みました。 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)作者: 安田浩一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/18メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 12人 クリック: 372回この商品を含むブログ (60件) を見る 一番心…

漂流ネットカフェをアプリで読んだ。

AppStoreの無料アプリ総合ランキングをなんとなく見ていたら上位にあの押見修造先生の漫画を無料で読めるアプリがあったので速攻ダウンロードしました。昨日。 このアプリの仕組みが面白くて、1日30分の持ち時間を消費して漫画を読めるんですよ。で、その持…

Ever17感想(ネタバレあり)

すべてのエンディングをみたので、それぞれ攻略した順にコメントしていこうかと。 トゥルールートをクリアしたのを前提に書いていくので、少しでもEver17に興味がある方はまずこのページを消して、まずゲームをプレイしてください(本気) ネタバレなしのレ…

Ever17レビュー(ネタバレ無し)

やっとプレイすることが出来ました、音に聞く名作。 経緯から話すと、まず数年前、高2の秋にシュタインズゲートをPSPでプレイ(ちょうどその年の春から夏にかけてアニメが放送されていた)。ノベルゲームのすばらしさに開眼するも、受験のためゲームを断念。…

言の葉の庭を求めて、本厚木へ

昨日新海監督のツイッターで、本厚木で言の葉の庭が上映されているという情報を得たので、ロマンスカーに乗って行ってきました。 本厚木って初めて行ったんですけど、なんか池袋みたいな感じでした。言葉に出来ないんですけど、なんか池袋西口っぽい雰囲気が…

おおかみこどもを今更見た

細田守監督が手がけた3作目の映画ということで気になって借りてきました。時かけとサマーウォーズは好きなので期待していたのですが、結論から言うと、気に入らない映画でした。 「いろいろ詰め込み過ぎたな」というのが第一印象でした。テーマの純度が低い…

5cm/s

なんか短めのアニメを見たかったんで、ゲオで借りてきました。 『桜花抄』を見ているときは、主人公のモノローグが冗長で萎えました。なんか小説を朗読しているみたいで。映像作品なんだから、視覚と聴覚で見せればいいのに。って思ってました。実際、言葉に…

東野圭吾『秘密』と映画版を鑑賞して

名作と名高い作品ですが、本当に評価されるべきだと思いました。 感動した、って言ってしまうのは簡単ですが、僕はなんというか、「悔しい」とか「苦しい」っていう感想を持ちました。 ネットで余韻を共有しようかな、なんて検索をかけていたんですけど、「…

自分語りに自信ニキ

劇場版『イヴの時間』のBDを買いました。意外と安い。イヴの時間 劇場版 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/10/25メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る オーディオコメンタリーが収録されていて…

(無力感)

12/5(木)の特定秘密保護法案(もう「案」じゃないですね)の反対デモを見に行った感想を書くと言ったのにずっと忘れてました。 そうですね、一言で言うと、無力感? はっきり言って、こんなことしても政治家が、「こんなに反対者が集まるとは! 民意だ! …

デモクラシー見学(笑)

昨日の朝、ツイッターで特定秘密保護法案反対デモの話を聞いた*1ので、学校が終わってからスマホで電車調べて行ってきましたよ。(瞬間日記のメモの切り貼りなので、文章に脈絡がないかもしれませんがご容赦ください) まず東京メトロ国会議事堂前駅の改札を出…

英語力の衰弱化

全然ダメになってますわ。 毎週の英語の時間なんかにとみに思うのですけれど、英語が読めなくなっている。脳に定着していた語彙がポロポロと剥がれ落ちて行くのを、まざまざと感じさせられます。 今僕がセンター試験模試とか受けたら、英語は多分100点ぐらい…

コエカタマリン

今話題の『聲の形』を読みました。聲の形(1) (少年マガジンコミックス)作者: 大今良時出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/15メディア: コミックこの商品を含むブログ (6件) を見る マガジンで読切が掲載された時、ネットで話題になってましたね。あの時…

追憶・東日本大震災のラジオ・ツイッター

荻上チキ『検証 東日本大震災の流言・デマ』(光文社新書、2011年)を読了。検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書)作者: 荻上チキ出版社/メーカー: 光文社発売日: 2011/05/17メディア: 新書購入: 6人 クリック: 212回この商品を含むブログ (35件) を見る…

iPhone5s Silver 32G 来る!

昨日、空コマにガラケーをいじっていると1通のメールが。なんとiPhone5sが入荷したとのこと。僕は未成年なので親を連れてドコモショップに行ってきましたよ。 そして…… はい。 ショップで店員に勝手にアクティベートされちゃったので、もう開封済みです。 で…

表紙の女子中学生が可愛い本

法条遥『リライト』(ハヤカワ文庫、2013年)を読了。 リライト (ハヤカワ文庫JA) 作者: 法条遥,usi 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/07/24 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る タイムパラドクスを主題にしてるSFのような青春のよ…

この孤独は、僕が選んだものだった。

上野 (前略)無縁社会や孤族が話題になるときに、ただちに「行政は何してる」って短絡するのは、すごくおかしい。なぜなら、行政だろうが隣人だろうが、「助けて」って言わない人には手も足も出せないから。 古市 困っている人に当事者意識がないとっていう…

謎に満ちた1200時間 / 700時間耐久暇つぶしレース

ついに長い夏休みが終焉を迎えます(大袈裟) 今の僕は「もっと夏休みほしい!」と思っていて、カラオケみたいに電話で延長宣告*1したい気分なのですが、翻って夏休みが始まったころの自分を振り返ってみると「暇だから夏休みはマジクソ」と思っていました。…

名詞+四段動詞「立つ」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の終止形

ツイッターで割と好評化だったので『風立ちぬ』観てきました。*1 堀越二郎っていう、実在の人物をモデルにした映画です。ジブリの映画を映画館で観たのは何年ぶりか……ちょっと思い出せません。 そもそも、僕の中でジブリというとトトロしかないんです。トト…

歩行者天国封鎖

タイトルを見て、何を連想したでしょうか? 僕は今日、この本を読み終わりました。 秋葉原事件 加藤智大の軌跡 (朝日文庫)作者: 中島岳志出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2013/06/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 「友達がいるのに…

今時一人で映画観るのって全然恥ずかしいことじゃないよ

財布に余裕があり、なおかつ暇だったので何か映画を観ようと思って、以前ツイッターで話題だった『パシフィック・リム』を観ました。 劇場窓口に行くと、なんと3D料金で大学生でも2000円。素直に妥協してチケットを購入しました。 この映画は、平たく言うと…

福島第一原発観光地化計画の誘惑 2/2

チェルノブイリダークツーリズムガイド・第2部「取材する」 第2部は、東浩紀、津田大介、開沼博さんによるインタビューや、それを踏まえた評論などが載っています。 僕が印象に残っているのはいくつもあるのですが、全体を通して「チェルノブイリは情報公開…

福島第一原発観光地化計画の誘惑 1/2

チェルノブイリダークツーリズムガイド・第1部「観光する」 東浩紀編集『チェルノブイリダークツーリズムガイド』についての感想を書いていきます。 チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1作者: 東浩紀,津田大介,開沼博,速水健朗,井出…

ここしばらくブログで自分の考えを発信してきたわけですが

津田大介『情報の呼吸法』(朝日出版社、2012年)を読んだんです。↓ 情報の呼吸法 (アイデアインク)作者: 津田大介出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2012/01/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 13人 クリック: 633回この商品を含むブログ (54件) …

『終戦のエンペラー』観てきました 2/2

さて、フェーラーズはタカハシという通訳を連れて皇居前に行きます。強面の日本兵が門番として立っています。フェラーズは英語で「関屋と話がしたい、10分以内に準備しろ」とタカハシに命じます。"Tell him!" と。で、タカハシはめっちゃ焦るんですが、「こ…

『終戦のエンペラー』観てきました 1/2

1週間前に観てきました。 まあ、覚悟はしていましたがおじいちゃんおばあちゃんばかりでしたね。僕はなぜかチケットのミスチョイスで、知らないおじちゃんと隣席してしまいました。 以下、ネタバレ含みます。