読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

無意識反抗教唆

 高校の時、「暴力や言葉の暴力」を振るわれている男がいました。彼は僕とクラスが違うのですが、その辺りの話は噂で聞いていました。

 ある日、詳しくは知らないのですが、彼に「暴力や言葉の暴力」を振るっていたむくつけ男たちの1人が停学処分を食らったというニュースを聞きました。それに伴い、彼を取り巻く環境についての情報を得ました。

 彼は「暴力や言葉の暴力」を甘んじて受け入れていたのではなく、それに対して挑発的な態度を取っていて、しばしば喧嘩を起こしていたそうです。

 意外でした。てっきり僕は、彼は被害者然として、いじめられっこ然としていたのだと思っていました。

 そう。これははっきり言っていじめだと、僕は思うのです。*1

 しかし彼は――彼はツイッターをやっていて、僕は相互フォローしているのですが――いじめを受けた、とつぶやくことは一度もありませんでした。

 おそらくそれが、いじめられっこの取る普通の「主張」だと思うのです。

 いじめられっこが、親や友人に、自分がいじめられていることを隠すきらいがある、というのは皆さんご存知のことと思います。そしてそれは、「周りに心配を掛けたくない」「自分が弱いものだと思われたくない」といった心理が働いているという事も、また。

 まあ大抵は後者の理由でしょう。女性のいじめは知りませんが、男子はプライドを守るために必死です。ツイッターで「いじめを受けた」と告白することが如何に自分を押し殺すことか……考えてみれば分かると思います。だから彼はそう書かなかった。いじめではなく、「暴力や言葉の暴力」だった。

 さらに彼にとっては、その現場を見られるのも、プライドを傷つけられることだった。*2すなわち無言の観衆の視線。自分が虐げられている姿をそれらに囲まれるという事態は、プライドが許さなかった。

 だから彼はファイティングポーズを取らざるを得なかった。

 いじめられているという構図から、悪者にセールで売られまくった喧嘩を買うという構図にした。

 彼のことを可哀そうだと思っていた人も、ほぼ無関心でいた人も、内心ではむくつけ男たちを支持していた人たちも、何もせず傍観していたために――それが彼に反抗教唆をした。*3

 

 以上の彼についての考察はほぼ僕の想像です。実際本人に訊いてみたら真っ向否定かもしれない。というか、否定するでしょう。否定するしか。できない。

 

 もしこの記事を君が見つけてしまったら、連絡してください。ツイッターに。

 

*1:ちなみに現場を見たことは、僕は一度もありませんでした。しかし後述するように彼はツイッターでいくどもむくつけ男たちの行為に言及していて、そのツイートは彼が受けた傷の深さを察するに余りあるものでした。

*2:ただこれは彼に限らず一般化してよい心理であり、真理だと思います。少なくとも僕はプライドを傷つけられたことがあった。

*3:なんだかいじめの傍観者を激しくdisっているような書き方ですが、僕自身、このような現場に遭遇したら傍観者になるしか選択肢がないような気がするんでそこはどうしようもない。この辺については今後また記事を書くつもりです。