読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

孤独な人間が学祭に行くとこうなる

孤独論 日常
 大抵の大学生は、
「明日一緒に回ろうよ!」
 など、友達と誘い合わせの上学祭を楽しむのでしょうが、言うまでもなく僕はそんなことを言う友達がいませんでした。

 朝9時ごろに起床した僕は、10:30から始まるオープニングイベントをユーストリームで見ていました。学祭の実行委員会がイベントスペースにカメラを設置していて、今日、明日、明後日と配信してくれているんです。

「俺みたいな引きこもりが学祭をヲチ*1できる体制はいいなあ」

 と思う一方、

「ヲチ目的の引きこもり以外に需要あるのか……?」

 と思ったりもします。
 
 さて、僕は一応サークルの売り子の仕事があるので大学には行ってきました。
 でも、無数にある屋台で焼きそばを食べたりとかはしませんでした。

 一緒に行く人がいなかったんです。

 ついでに言うと、

 お金もなかった


( ◜◡◝ )……


 結局食べたのは、そうですね、うまい棒コンポタぐらいでしたね。
 ミステリー研究会が推理クイズ的なのをやってて、サークルの同級生と一緒に挑戦して、犯人を当てられたので一本貰えました。

 一本満足!!!!!(意味不明)

 という訳で独りでさみしい人が学祭に行ったら孤独が研ぎ澄まされるだけですよって話でした。













 え?

 サークルの同級生とミス研行ったから、全然孤独じゃないだろって?

 うーん……
 



 

*1:[http://dic.nicovideo.jp/a/ヲチ:title]