読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

承認欲求の受け皿

感想

ネットと愛国っていう本を読みました。

 

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)

 

一番心に残ったのは、

在日特権の正体は今日の日本社会が失いつつある濃密な人間関係や強烈な地域意識かもしれない

というところでした。

 

つまり在特会のメンバーは、自分たちの持っていないそういうものを持っているように見える在日韓国人を羨ましく思っていて、それゆえに攻撃してしまうということでした。

 

彼らはしばしば自分たちを被害者、在日韓国人を加害者だと言っていますが。彼らは別の意味で本当に被害者なのかもしれません。

 

でも当然そんな事情があるとはいえヘイトスピーチが正当化されるわけがないですけどね。ただ、そんな彼らの承認欲求の受け皿が在特会のようなものしかないというのがこの問題の根深いところです。

 

僕が高校生の時みどりの日(休日)にこんな体験をしました。家の近所で何者かがとんでもない大音量で街宣をしていて、それはもう音割れ上等でほとんど何を言っているのかは聞き取れなかったのですが、「なんやコラあ」とか「ふざけてんのかボケえ」とか「死ねや!殺せ!」とか喚き散らしていました。最初の一声が聞こえた時、部屋の窓際で昼寝をしていた僕はとてもびっくりしました。そのあとはもうひたすらに怖かったので布団にくるまって耳を塞いでいました。

 

それが在特会なのかどうかは分かりませんけど、まあそのときの印象が強烈に悪かったもんですから、ああいう活動はみんな謹んでほしいなあと。

 

でもこの問題は根深いんですよね。(*に戻る)