読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

現実逃避は構わないけど、虚構の中から現実に立ち向かうための武器を持って帰らなきゃだめだよ

日常 考え事
 最近、精神的にも肉体的にも忙しい。正確に言えば、精神的に忙しかったーーつまりは悩みがあったーーのだが、無理矢理スケジュールを埋めることでその悩みを忘れてしまおうとして、でもやっぱり悩みのことも気になるけどスケジュールが詰まっているのでゆっくり考えている暇も体力もない、というのが現在の状況だ。 

 本当によくないと思う。ぼくはずっと昔から、人の記憶の儚さにとても敏感だった。忘れたくないと思っていることを忘れてしまったり、自分にとってはとても大切だった会話を相手は全然覚えてなかったりする。だからという訳じゃないけど、ぼくは中学二年生のときから日記を書いている。とはいえ毎日書いているわけじゃない。毎日書いているときもあれば、二年ぐらい書いていない時もあった。ツイッターを初めてからは「これ、紙に残す必要なくね?」と思ったこともあった。ツイッターは日記の代わりになり得ないということに気付いたのは、それから半年後だった。 

 何の話だっけ。まあとにかく、悩みについて真剣に孤独に静謐に考えたいのにスケジュールがそれを阻むということだ。人が考えていることは時計の針が動くのに伴ってだんだんと薄れていく。だから何かを考えているときはできるだけ早いうちに文章にしたりボイスレコーダーに吹き込んだりした方がいいのだ。 

 というわけで、結局まだ数日はまとまった時間が取れそうにない。でもそんなこと言っててもだめで、スキマ時間を活用するテクニックを身に付けるのが大事な気がする。いずれにせよ最近無駄に忙しい。新宿御苑で一人でぼーっとしたい。江ノ島とか行きたい。 

 で、このところなぜか分からんのだけどきゃりーぱみゅぱみゅにはまっている。ぼくが初めて聴いたのは確か大学に入ったばかりの頃GUで流れていたにんじゃりばんばんだった気がする(いまwikiを見たらGUでタイアップしてたのはファッションモンスターらしいが、ぼくの記憶では確かににんじゃりばんばんだった。タイアップとか無関係にただ流れてただけか?)。電波ソングやなあ……って思っていた。 

 きゃりーぱみゅぱみゅはけっこうまえからツイッターをフォローしていて、素朴で気取らない日常のつぶやきにたいへん好感を持っていたのだが、音楽は全然聴いたことがなかった。徹底的に無内容な歌詞に変なタイトル、グルーヴ感のあるエレクトロニックなサウンド、そしてきゃりー本人の奇抜なファッションという取り合わせは、ぼくが触知したことのない「原宿」という世界のカリカチュアそのものだった。 

 だからきゃりーぱみゅぱみゅツイッターは好きでも音楽は好きになれないって思ってたんだけど……これがすばらしいじゃないですか。ほんとに。テレビや街で流れるのと違ってイヤホンで聴くと個々の楽器の重なりもすごくうまくて何度も聴きたくなるし、歌詞もけっこう胸にぐっと来たりする。「グッバイティーチャー マイフレンズ ありがとう勇気 ください ぼくだけの部屋から ゆめのはじまりんりん」とか。声も以前はなんかアニメ声とも何ともいえない加工ボイスという程度の印象しかなかったけど、今は本当に可愛いし癒される~って感じだ。世界よ、これがKAWAIIだ。 

 そんなわけで最近のぼくは現実ですり減った精神を鼓膜を通してきゃりーぱみゅぱみゅの世界に吹き飛ばしている。いわゆる現実逃避だ。もうへとへとなんだよ。頼むからクレイジーパーリィナイトに俺を連れてってくれ。このせまいこころのの檻もこわして自由になりたい。ぼくも来年の一月でチョコレイトのにがいとこ終わりですよ。 

 とはいえ、ただ現実から遠ざかっているだけではないのがぼくのすごいところである。かつてのぼくならこういったエンタメから教訓とか人生に役立つ何かを抽出する行為を潔しとしなかったのだが、最近人間関係でいろいろあってからというもの、ぼくはあらゆる人間との会話やあらゆるコンテンツから独自の解釈によって作り手の意図を越えた存在しないメッセージを受け取るという営みをーーもはや無意識のレベルでーー続けている。 

 例えばきゃりーぱみゅぱみゅから受け取ったメッセージはこうだ:彼氏をスキすぎてキレそうな女の子は気を引くためにキラキラしなきゃいけないよねと思っている。キミをドキドキさせたいわと思っている。しかしこの感情はけっこう対照的なところもあって、女言葉で書かれた菓子であるにも関わらず一定の男性の支持も得ているのではないか。つまり男の子もキラキラしたいって思っていいんだよ。 

 なんだかエ●・カ●ターレ神じみてきたのでこれ以上は書かないことにするけど、冗談はさておき、こうやってひとつの作品から自分なりに受け止めることっていいことだと思う。読んだ人の数だけ作品があるっていうのはテクスト論って言っていろいろ批判もあるんだけど、論壇から遠く離れて原宿とかにいる男女がこうしてきゃりーぱみゅぱみゅの歌詞ひとつとって「俺はこう思った」「あたしはこう思った」とか言い合うセカイが来たら、それってすげェ素敵だなァッて思って……