読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

社会人1日目

年金手帳を持ってないので朝イチで年金事務所に行き、発行する。

会社に行く。電車の混み具合に死にそうになる。

電車を待っていたら、左からスゥーッと奴隷船が流れてきて、

 

(あれ?おかしいな)

 

と思い、次の電車を待ったところ、左からスゥーッと奴隷船が流れてきて、

 

(あれ?おかしいな)

 

と思い、次の電車を(…)

 

 

というループに陥ることが予想されたため、頑張って乗車する。

 

10時出勤。研修という名の役員からの訓話を受ける。眠い。

自己紹介をしたところ、

「もっと面白いこと言えよ、つまんねえよ」

と役員の男に言われる。

 

つまんねえ男につまんねえと言われても褒め言葉としか取れない。

 

17時半から歓迎会。という名の飲み会。会議室にテーブルを並べて立食。

最初はいろんな人が話しかけてきて楽しかった。

中締めしてからが地獄だった。残されたメンバー(むろん新入社員は残留を求められる)で車座になる。先ほどの役員の男が自慢話などをする。周りのメンバーが笑う。

 

僕は硬直した笑顔を浮かべながら、

 

(愛想笑いが得意になってはならない。愛想笑いは、愛想笑いだと分かるから意味があるのだ。人から見て本当に笑っているように見える愛想笑いは、いつしか自分を倒錯させていく。つまり僕は、「まず笑え、そうすれば自然と楽しい気分になる」といったテーゼを否定する。笑ってもいい。だが心の中にある、「これクソつまんねえな!!」という気持ちを決して捨ててはならない。その気持ちさえ欺いてはならない……)

 

と思っていた。午後9時のことだった。