研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

五反田テイクアウト飯・ミート矢澤編

とうとう来たな、この時が……

五反田が誇る名店・ミート矢澤……

コロナが来てからわりと早い段階でテイクアウトを始めていたが、なんとなく「今度でいいか」と避けてきた。

こないだ、仕事帰りについに寄った。

 

f:id:liefez:20200531111622j:image

厚みのある袋に入れられる。

 

「最高級黒毛和牛専門店」
f:id:liefez:20200531111618j:image

 

この、飛行機の機内食と一緒に供されそうな食器……

f:id:liefez:20200531111423j:image

 

「揺るぎない自信」
f:id:liefez:20200531111439j:image

 

中はこのような感じ。「焼きたて」な匂いがした。なんていうんだろう、鉄板の焦げというか……
f:id:liefez:20200531111636j:image

 

銀シャリ
f:id:liefez:20200531111630j:image

 

漬け物。
f:id:liefez:20200531111454j:image

 

俵状のハンバーグ……
f:id:liefez:20200531111507j:image

 

ソースをかけ、入刀
f:id:liefez:20200531111450j:image

スポンジですか?  というぐらい肉汁が閉じ込められている。じゅわあああああと流れ出てくる

 

写真じゃわかりづらいけど、湯気がふんわりと立ち上りました
f:id:liefez:20200531111428j:image

ほどよくミディアムレアといった具合か。

 

うん、確かに高級な肉を食ってる感じがする。やわらかいな、甘みがあるな、と感じたかと思いきや、返す刀で噛み応えのある、荒々しい牛のうまみが押し寄せてくる。なんなんだこの複合的な肉は?

f:id:liefez:20200531111444j:image

以前一度だけ店内でハンバーグを食べたことがある。その時は正直なにも感じなかった。「高え」としか思わなかった。が、今ならわかる。

うまい。

 

マッシュポテト。
f:id:liefez:20200531111626j:image

 

きめが細かい。スムースな舌触り。
f:id:liefez:20200531111458j:image

 

このソースのかかったコーンを
f:id:liefez:20200531111515j:image

 

ご飯に乗せると……
f:id:liefez:20200531111502j:image

別に期待するようなうまさを生み出す組み合わせではなかった。ふつうにそれぞれ食べればよい。

 

これで1800円。うん、十分だと思う。

ただ、店先の看板に「ハンバーグ弁当いまなら1分で出せます!」と書いておきながら15分ぐらい待たせられたのだけは納得がいかない。本当にむかついた。看板を下げるぐらいしておけよ。僕は「1分ならいま買っておこう」という気持ちで注文した。

 

ただいつもだったらめちゃくちゃ行列ができている名店で、15分待てば弁当にしてくれるというのはよいところかもしれない。電話したら先に作っといてくれるんかな?

しかし、会計のために一度店内に入ったが、かなり盛況だった。全席埋まるほどではなかったが、ソーシャルディスタンスなど到底取れないような密度。

 

 

なお、おてふきは「ハイブリッド」です。
f:id:liefez:20200531111510j:image

 

藤本商會本店の提供でお送りしました(何)
f:id:liefez:20200531111433j:image